2014年9月12日金曜日

プユマ號(台湾4日目)


今日も朝から暑い。ただ暑いだけではなく、日差しがきつい。
今日の一番の目的は、台東まで「プユマ號」に乗ること。その為に日本を発つ前に、時刻表で列車も調べて、予約をしてきた。

台東まで1時間半、電化されたおかげで(+車両の高速化)早くなった。しかし、新型のプユマ號、乗り心地は今一つ良くない。速度を上げると、縦揺れ、横揺れ、色んな揺れ方をする。かなり改良されたとはいえ、もともとナローゲージだったから、路盤が弱いのではないかと思う。遅い列車なら問題なかったが、早くなったことで弱点が露呈したのだろう。

車両は日本車輛製だが、窓が小さいことと座席のデザイン(造形)に特徴がある。それ以外は高鐵ほどではないが、日本の列車と変わらない。

0 件のコメント:

コメントを投稿