2020年4月13日月曜日

Postcrossing 5600枚

Germany
送る方から遅れること10日、9枚のカードが届いて受け取る方も5600枚を達成した。登録上5600枚目となったのは、ドイツから届いた古い蒸気機関車のカード。

この100枚ではNEWはなく、通算86ヶ国で変化なし。枚数の多い国Best5はドイツ、米国、ロシア、中国、台湾で前回から変化なし。 ドイツからのカードは900枚を超えた。武漢ウイルスが蔓延する中、限られた国ではあるが日数はかかるもののきちんと郵便が届くのは素晴らしいことだと思う。

2020年4月3日金曜日

Postcrossing 5600枚

5500枚から97日、足掛け5ヶ月かかって5600枚を達成した。記念すべき5600枚目はラトビア宛で、所要18日で届いている。ラトビア宛の平均所要日数は11日なので、予定よりかなり遅い。既にラトビア宛の航空扱い郵便物は引受停止になっているので、相手に届いただけでも良しとせねばならない。この100枚ではNewはなく、通算91ヶ国で変化なし。

平均して早い国はスリランカの7日、英国の8日、スイスの9日と続く。一方遅い方はバハマの91日、UAEの53日、南アフリカとメキシコの52日、チリの45日と続く。枚数の多い国Best5は、ドイツ、米国、ロシア、オランダ、台湾で前回から変化なし。  

2020年3月1日日曜日

得力 発現者商務鋼筆 (deli Discovery)

得力 発現者商務鋼筆
台湾の友人が送ってくれた中国製のdeli万年筆。名前が「発現者商務鋼筆」となっているので、ビジネスユースを想定しているのだろう。全体の雰囲気はLAMY Safariに似ている。樹脂製黒軸万年筆にコンバーターとインクカートリッジが2個ついている。ヨーロッパ規格のカートリッジのように見えるが、一回り大きい独自規格のようだ。

得力 発現者商務鋼筆
ペン先も、LAMY Safariのようなステンレス製。ペン芯もSafariにそっくりなので、もしかしたら差替えできるかもしれない。尻軸の後ろのほうが三角形になっていて、転がりにくいようになっている。書き味は格別ではないが、普段使いとしては充分だと思う。

2020年2月29日土曜日

rotring #600 カモフラージュグリーン

rotring #600
rotrin #600 カモフラージュグリーンを手に入れた。ホルベインのサイトによれば、赤、青、緑の三色で、0.5mmシャープペン、0.7mmシャープペン、ボールペンの展開となっている。限定という文言はないので、定番として今後も販売されるのだろう。

rotring #600
色は、カモフラージュグリーンの名の通り濃いめの緑色。ブラックボディのような縮緬塗装ではなく、シルバーボディと同様の仕上げになっている。実測で24.5gもあり、ずっしりとした重量感は#600ならでは。

2019年12月28日土曜日

Postcrossing 5500枚

2日遅れで送る方も5500枚を達成した。記念すべき5500枚目はウクライナ宛で、所要19日で届いている。ウクライナ宛の平均所要日数は18日なので、ほぼ予定通り。この100枚ではNewはなく、通算91ヶ国で変化なし。

平均して早い国はスリランカの7日、英国の8日、スイスの9日と続く。一方遅い方はバハマの91日、UAEの53日、南アフリカとメキシコの52日、チリの45日と続く。枚数の多い国Best5は、ドイツ、米国、ロシア、オランダ、台湾で前回から変化なし。 

2019年12月26日木曜日

Postcrossing 5500枚

Germany
11枚のカードが届き、5500枚を達成した。登録上5500枚目となったのは、ドイツから届いたポーランドの列車のカード。キャプションはないが、以前に同じ原画のモノクロのカードを貰っている。

この100枚ではNEWはなく、通算86ヶ国で変化なし。枚数の多い国Best5はドイツ、米国、ロシア、中国、台湾で前回から変化なし。

2019年11月22日金曜日

Postcrossing 5400枚

一日遅れで、送る方も5400枚を達成した。記念すべき5400枚目はベルギー宛で、所要18日で届いている。ベルギー宛の平均所要日数は12日なので、平均より5割遅い。この100枚ではNewはなく、通算91ヶ国で変化なし。

平均して早い国はスリランカの7日、英国の8日、スイスの9日と続く。一方遅い方はバハマの91日、UAEの53日、南アフリカとメキシコの52日、チリの45日と続く。枚数の多い国Best5は、ドイツ、米国、ロシア、オランダ、台湾で前回から変化なし。