2011年4月24日日曜日

初恋インク

天気が良かったので、浜岡までドライブがてら行ってきた。今回のお目当ては「つゆひかり」インクと「初恋」インク。ただいま「つゆひかりカフェ」開催中と言うことで、「つゆひかり」を飲みながら試筆をさせて貰った。お茶の色を再現したと言うだけあって、まったくお茶の色そのものだ。

そしてもう一つは「初恋」インク。パーカーのペンマンインクと書き比べてみたが、濃淡の出方、文字の縁の滲み方など、見分けが付かないくらいだ。インクが乾かないうちはペンマンインクの方が濃い青色をしていたが、乾いてしまえばそれも判らない。さすがに石丸さんの作品だ。中身はジェントルインクそのものだから、どの万年筆に入れても怖くない。

1 件のコメント:

  1. セーラーだから安心という盲目は如何なものかと…。
    ペン内で煮詰まりやすい、ヴィンテージのモンブランでは
    フローが安定しないなど、やはりセーラーの万年筆専用と考えるべきかと。

    返信削除