2010年10月20日水曜日

77777km


仕事グルマのオドメーターが77777kmになった。新車で買ってからちょうど4年半、至って快調だ。エンジン房のファンは一度交換したが、それ以外はノントラブルでここまで来た。もう少しで8万キロになろうとするのに、ブレーキパッドも交換せずに済んでいる。車検は2年ごとだし、税金は安いしホントに維持費のかからない良くできたクルマだと思う。

2010年10月13日水曜日

消せる赤鉛筆


何年か前に買ってストックしてあったのを思い出した。その名もずばり「消せる赤鉛筆」。正式には、三菱#2451という型番が付いている。1本150円とふつうの朱鉛筆より少々高価だが、どの程度「消せる」のか。




ふつうの朱鉛筆同様、丸軸の太芯だが、お尻にプラスチック消しゴムが付いている。黄色い事務用鉛筆などでは生ゴムの消しゴムが付いているが、この鉛筆は白い消しゴムだ。HARDの表記もあるが、六角軸のハード色鉛筆ほど硬くはないし、朱鉛筆とも大差ない。




肝心の消え具合だが、三菱#2351やトンボ#8900と比べると、確かに良く消える。わずかに筆跡は残るが、これなら「消えた」と言えるかも知れない。もっとしつこくこすれば薄くはなるが、消しゴムを浪費するばかりであまり効果がない。もっと言えばチェック程度にしか使わないので、たとえ綺麗に消えようが私にとってはメリットがないのだけれど。

2010年10月11日月曜日

智頭杉万年筆


以前から気になっていた智頭杉万年筆を手に入れた。いつもの文具店で書き比べをした上で、なおかつ木目の出方の気に入った方に決めてきた。杉材らしい木目と香りの両方が楽しめる。いつまで香りが残っているか判らないが、素材の香りが楽しめる万年筆も珍しいだろう。

全長126mm、キャップを後ろに差した状態で145mmと普段使っているペリカンM400やM200とほぼ同じ大きさである。重量は智頭杉のほうが若干重く感じる。軸よりもキャップがかなり重い。キャップなしでは短すぎるが、キャップを後ろに差した状態ではバランスがとても良くなる。

ペン先は14金、ロジウムプレートの1万円クラスのものだが、書き味は全く不満はない。普段舶来のFやMを愛用しているが、この細さは国産ならではだと思う。サファリのEFだってここまで細くはない。この先手の脂を吸ってどのように熟成されていくのか、ちょっと楽しみである。

2010年10月1日金曜日

シェプフェルノート


LIFEからノーブルノートの姉妹品、シェプフェルノートが発売された。表紙のデザインががらっと変わって、今度はドイツ語らしい。シェプフェルとは創造主(つまりは神だ)という意味だ。その下には
40 Himmlische Freude と書いてある。「大いなる喜び」とでも訳せばいいのか。

中身はノーブルノートと同じクリーム色の用紙が40枚綴じられている。全く同じものかと思ったが罫線がちょこっと狭いように見える。測ってみたら8mm罫ではなく、7mm罫に変更されていた。横罫、方眼、無地にそれぞれA5とB5サイズが設定される。表紙のカラーがノーブルノートとは異なり、横罫は赤、方眼は朱色、無地が青になる。40枚綴りになったことで持ち歩きやすくなったと思う。また1冊300円~400円と手の出しやすい値段になったのも見逃せない。